古民家でSteve Kipner のアルバム Knock The Walls Down を聴いてみる編



Published
RECORDING DEVICE SHURE MV88 on iPhone11
地味ながら良い曲をいっぱい書いているSTEVE KIPNERですがソロで唯一リリースしたアルバム
Knock The Walls DownからLove Is It's Own Rewardを録音して見ました。はっきりいましてプロデュースとリードギターのJay Graydonの方が目立っているようなアルバムで御座います。
ドラムスのJeff Pocaro リズムギターはDean parks, David Hungateのベース Michael Omartianのキーボードなど豪華メンバー良曲揃いで一流ミュージシャンによるれも演奏は力の入った作品だと思います。自身の作品はこれだけでしたが オリビアニュートンジョンに提供しヒットしたフィジカルほか有名ミュージシャンに数多くのヒット曲を提供しソングライターとしてのキャリアがほとんどのようですが変わったところでは松田聖子さんにも何曲か提供していたと思います。
参加メンバーは以下の通りです。Larry Carlton/Steve Lukather/Dean Parks(g), David Foster/Michael Omartian/Greg Mathieson/Geoffrey Leib(k), David Hungate(b), Jeff Porcaro(ds), Victor Feldman(per), Jerry Hey(tp), Bill Champlin/Bobby Kimball/Tom Kelly/Peter Beckett/J.C. Crowley(bv), etc
SOURCE: Young Bloods / 佐野元春 WITH THE HEARTLAND from 12" vinyl Record Album Knock The Walls Down 1979
MC Pick Up:Pioneer PC 70 MC
Tonearm; RABCO SL 8E
TURNTABLE; LENCO L75
MC Head AMP( PrePre Amplifier): Counterpoint SA2(Upgraded)
RIAA: Counterpoint SA5 Phono Stage(Upgraded)
Line PreAMP:Counterpont SA5 (Upgraded)
PowerAMP : DIY 8417 Single Push/Pull Mono AMPS
Speakers Altec Valencia 846A
Category
Audio
Be the first to comment