TUBE GUITAR AMPのBIAS 調整(真空管ギターアンプのバイアス調整)によってサウンドは変わるのか!!【プロの現場にはプロのギターテクニシャンがいる!!】



Published
今回は、真空管ギターアンプのバイアス調整によって、サウンドは変わるのかを検証してみました。
まず結果から先に申し上げますと、サウンドは変わります。
それはパワー管に流れる電流が変わる訳ですから、サウンドに変化が出てもおかしくは無いのです。
だたどのようにサウンドが変わるのかは、意外と知られていなく、巷ではすごくサウンドに影響してくるから、バイアス調整は大事で技術者にやってもらう事が大前提となっています。
そんなベールに包まれたバイアス調整を音の観点から見てみました。
みなさんには、どうサウンド変化したように聞こえるでしょうか!!

この動画ではスピーカーは外部スピーカーを使用しています。
マイクはSM57を使用しています。
ー-----------------------------
「関連動画」

・FENDER TWIN REVERB電源トランス交換
https://youtu.be/102w_rF3kP8

・ギターアンプのトランス製造会社アテネ電機へ、シノーズ篠原が訪問し、SHINOS & L ROCKETのトランス製造の様子を取材する!!
https://youtu.be/LAZq9IlEA3Y

・ギターアンプのトランス製造会社アテネ電機へ、シノーズ篠原が訪問し、SHINOS & L ROCKETのトランス製造の様子を取材する!!PART2
https://youtu.be/yuBf4W0Edwk

・真空管ECC83,ECC81,ECC82の音の違いを聴きます。
https://youtu.be/I3nqc1Q77_M

・スピーカーのリコーン作業中にトラブル発生!!
https://youtu.be/0jqglD6OkTs

・コンデンサ分解したら、こんなに長い物が巻かれていた
https://youtu.be/fa6zJzzhw7k

【SHINOS AMPLIFIER COMPANY】
公式HP:https://shinosamp.com
ONLINE OFFICIAL SHOP:https://shop.shinosamp.com
公式IG:https://www.instagram.com/shinos_amp/
公式TT:https://twitter.com/shinos_amp

篠原勝(有限会社SHINOS AMPLIFIER COMPANY 代表取締役)https://www.instagram.com/masaru.shinohara/
95年からミュージシャンのライブ現場でテクニシャンを始め、THE MODS、Mr .Children、TRICERATOPSなどのテクニシャンとして経験を積む。同時に、アンプビルダーの勉強を始め、06年、有限会社SHINOS AMPLIFIER COMPANYを設立。現場の経験を生かした世界的にもめずらしいデジタルバイアスメーター搭載のギターアンプLUCK6Vを発売。08年からは山下達郎のツアーでもテクニシャンとして参加。2020年には元VOXチーフエンジニアの李氏とのコラボレーションSHINOS&Lシリーズにて小型真空管ギターアンプ「ROCKET」を発表。現在も、アンプビルダーでありながらライブ現場でのテクニシャンも継続している。
Category
Audio
Be the first to comment